これで抑えていこう|フィラリアはとても怖い!他にも怖い病気が色々あります

フィラリアはとても怖い!他にも怖い病気が色々あります

指でつまんでいるカプセル

これで抑えていこう

机の上の薬

守ってあげるべきことといえば、犬の目も忘れてはいけません。
実は犬も人間と同じように「白内障」にかかってしまう可能性が常にあります。
白内障という症状は眼球の水晶体がどんどん白くなっていくもので、最終的には完全に真っ白に変化してしまいます。
当然もともとは完全な透明なので、それが白くなるということはすなわち完全に目が見えない状態となってしまうわけです。

ただ犬の場合は万が一視力が完全になくなってしまったとしても、嗅覚などがすごく優れているので日常生活に順応することが可能です。
もしも白内障で失明するようなことがあったら、すでに配置している家具の場所を変えたりしないように、愛犬が過ごしやすいような環境を作ってあげることが大事です。

また白内障がまだそこまで深刻化してない場合は、「シーナック」と呼ばれる薬を使うのがとてもおすすめです。
シーナックは点眼薬になり、水晶体のにごりを遅らせる効果をもたらします。
同じような点眼薬としてキャンCという薬がありますが、シーナックはそのジェネリック医薬品となるので同じ効果が期待できるでしょう。
さらにジェネリック特有のお求めやすい金額で設定されているので、誰でも手が届くかと思います。

ただし、シーナックとは違う白内障治療薬を使うことは控えるようにしてください。
実際に効果がより倍増することはまったくありません。
また用法用量を守らずに一度に何度も滴下しても同じく効果が倍増することはないので、正しくシーナックを使うようにしてほしいと思います。
あなたもシーナックを使って、白内障としっかり戦っていきましょう。